研究会概要

設立の目的

学際的で質の高い学術・科学コミュニティの結成と交流の場の提供

歯科口腔の包括的な領域における医学・科学で、学際的で質の高い、学術フォーラムを提供し、研究者間、研究者・臨床家間、そして学術人・企業間の学術的・科学的交流の場を提供する。

科学・学術文化の創造

日本における学術会議・組織のモデルケースをめざし、特色ある学会・会議形式を創造する。このことにより、歯学を越えて、日本全体のあらゆる研究・学術分野における科学・学術の育成と発展に寄与する。

世界での活躍を意識した歯科従事者の育成

良質で独自性の高い学術・科学文化を通じて、積極的に、世界で活躍することを意識する歯学従事者の育成に貢献する。

歯科医学と歯科医療の発展への貢献

歯科医療および歯科医学への学術的貢献に加えて、国民にむけて、広く情報発信や知識啓蒙を行うことにより、国民の健康維持ならびに増進に寄与する。

研究会の特色

高い学術性

年次会議における研究発表においては、幅広い領域での、学際的で質の高いトランスレーショナルリサーチを中心に重点を置くが、強い基礎研究の裏づけ、ならびに臨床応用への発展の強い可能性を意識し、選出を行う。口演は、基本的に招待・依頼制とする。ポスター発表は、広く、若手研究者を募り、若手研究者賞を設ける。

 

科学の追求と問題意識の啓発

可能な限り質疑応答、ディスカッションの時間を多く設けることにより、また、セッションの効率性を高めることにより、それぞれの演題・トピックにおいて、深い科学的考察を追求し、現在の医療との関連、将来への改善につながる示唆・考察について、議論を発展させる。

 

歯科・歯学の総和としての取り組み

当会議では、特別講演やシンポジウムを積極的に企画することよりに、純粋な科学のみならず、医療、教育、学術、社会問題に関連した一般題材を取り扱い、歯科分野全体における問題意識の高揚と情報の共有を図り、国民と次世代への貢献に向けた取り組みを議論・探究していく。従って、参加者は、研究者や大学人にとどまらず、開業医、臨床家、企業関係者、歯科技工士や歯科衛生士、学生など、多岐にわたることを目指す。

 

学際性の追求

口腔、顎顔面における基礎、臨床、トレンスレーショナルサイエンスに関連する、あるいはそれらにつながる可能性のあるあらゆる分野での質の高い題材を扱う。現代科学においては、いくつもの方法論と技術が応用されたいわゆる、学際的な研究が重要視されていて、大局的には、生物学、バイオエンジニアリング、クリニカルサイエンスに分けられる。なお、細分化した場合には(これらに限定するわけではない)、下記のうち、一つあるいは複数の専門分野から成り立っている。

 

  • 分子生物学
  • 遺伝子・遺伝子治療学
  • 硬組織・軟組織再生など再生医学全般
  • 神経生理学
  • 臨床統計学
  • 分子臨床疫学
  • 生体材料学
  • テイッシュエンジリアリング
  • バイオイメージング
  • バイオメカニクス
  • インプラント科学
  • 歯周補綴生物学
  • 幹細胞・細胞治療学
  • 歯科毒性学
  • マイクロバイオロジー
  • プロテオミクス
  • 免疫学

新しい学術形式の創造

自由で、率直な発言や質疑応答を容易にする環境を創造したい。つまり、当研究会および各術会議では、身分、立場、年齢などにとらわれない新しい学術コミュニケーション形態の確立をめざしたい。従って、会議中の発言、質疑応答などにおいて、原則的に謙譲語や尊敬後は、あえて必要ないものとする。もちろん、当会議は、これらの言語文化を否定するものではなく、国際学術では標準的な言語、つまり、的確で、端的な表現を奨励し、いわゆる日本的な、助長的、不明瞭な表現を防止するためである。なお、丁寧語については、その使用は奨励されると考える。学術会議の進行は、座長という形でなく、ディスカッションリーダーという形で、司会進行の役割を設ける。その他、SNSの利用、それを活用したプログラムの立案など、執行部ばかりでなく、広く一般からの意見、要望を反映した運営、企画を行う。